ここでは世界経済の低迷が今後も続いた場合について書く。世界経済の成長率がグローバルに鈍化し続けると、他国の金利が一段と低下し、もともとゼロ金利である日本との差が縮まってしまう。例えば、日本を除く先進国の2年金利の平均と、日本の2年スワップ金利の差は、3年前の1.2%ポイントから現在では0.7%ポイントに縮小している。ここからさらに縮小すれば、円の低金利通貨という特色が一層薄れる。すでに日本の2年スワップ金利は先進10カ国の中で4番目に低く、実は超低金利国と言えるような状態ではない。こうした中、ドル円相場は相変わらず115.85円から125.85円の8.6%のレンジ内での取引を続けてきている。

主要通貨の中でドルと円の位置関係を見ても、昨年の8月半ばまでと今年は似ているところがある。昨年は8月半ばまでは主要10通貨の中で円が3番目に強く、ドルが5番目だったため、差がさほどなくドル円相場が動かなかった。今年は現在のところドルが3番目に強く、円が4番目に強くなっているため、差がついていない。

昨年のドル円相場は、9月に入るとレンジを上抜け上昇を始めた。そして10月初めには110円台に乗せ、いったん反落したが10月末の日銀追加緩和もあって結局12月には121円台まで急騰した。今年も同じように9月に入ればドル円相場は動き出すのだろうか。

FX口座を持っていない人はスプレッドをしっかりと比較して口座を持っておきましょう。

スプレッドを比較して FX口座を開設する